スポンサー広告 : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回顧 : 2011年の競馬

今年の古馬中長距離G1は逃げ馬不在のレースが多かった。逃げ馬不在だと展開が読みづらい。スローペースになることは読めるが、どれぐらいスローペースになるのか、どのタイミングからどの馬がスパートするのかが全然読めない。


天皇賞・春は入れ替わりの激しい乱ペースで、見ている分には面白かったが、真面目に予想して買うようなレースではなかった。
有馬記念は、昨年は瞬発力勝負と読んで予想し*1、今年は持続力勝負と読んで予想したが*2、完全に逆の読みになってしまった。


古馬中長距離G1でこのような逃げ馬不在のレースが続くなら、今後はあまり買わないようにしようと思う。


一年間トータルでの成績は今年は結構マイナスになってしまった。ただ、昨年も今年も京都と中山と新潟を除くローカルなどの小回りコースの成績は良いので、来年はここに力を入れて予想をしていきたいと思う。たぶんこれは予想する上での展開とか馬場とかの考慮の仕方が小回りコースのほうが上手く合っているからのような気がする。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

剛

剛です。タヤスツヨシが日本ダービーを制した1995年から競馬を見始めました♪
人気ブログランキングに参加しています。応援どうぞよろしくお願いします!

最近のツイート
最近の万馬券
2013年函館スプリントステークス 2012年キーンランドカップ 2011年マイルチャンピオンシップ 2011年秋華賞 2011年札幌記念 2011年アメリカジョッキークラブカップ 2010年エリザベス女王杯 2010年バーデンバーデンカップ 2010年オーストラリアトロフィー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カウンター
RSSリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。